「 jbnk32 」一覧

オールインワンジェルとは?メリットデメリットや時短以外の美肌効果を暴露

今人気を集めているスキンケアアイテムがオールインワンジェルです。

この記事ではオールインワンジェルとは何なのか、メリットなどその基本や「勘違いされている点」などについて解説したいと思います。

オールインワンジェルとは?今人気を集めている理由

オールインワンジェルの言葉の意味

オールインワンジェルとは、「化粧水、美容液、乳液やクリーム」などのスキンケアアイテムがひとまとめになったスキンケアアイテムのことです。

ほとんどの場合でゲル状になっているのでオールインワンジェルだったりオールインワンゲルと呼ばれます。

オールインワンジェルが人気なのは時短になって楽だから

このオールインワンジェルが人気を集めている最大の理由は「スキンケアが楽」という点があげられます。

例えば、朝などで忙しい時にスキンケアとして化粧水→美容液→クリームと重ね付けするのは浸透を待ったりすると結構時間がかかりますよね。

ですので、意外と時間がかかります。

しかも、美容液などはつけるのを忘れたりして面倒な工程になっている人も多いかと思います。

一方でオールインワンタイプであればこれがワンステップで済むのです。

一度のスキンケアの中で美容液の効果があると付け忘れることなどないですし、楽ですよね。

そういうわけで、オールインワンジェルが今人気になっているのです。

オールインワンジェル以外にもオールインワンクリームやオールインワン美容液もある

よく誤解されがちなのですが、「オールインワンのアイテム=オールインワンジェル」とは限りません。

以前はオールインワンのアイテムがジェル状のものがほとんどだったのですが、最近はオールインワンクリームやオールインワンローション、オールインワン美容液なども販売されています。

テクスチャーであったり効果の度合いの違いで名前が変わります。

ただ、全てに共通して言えるのがオールインワンタイプの化粧品ということです。

このように、オールインワンジェルというのはオールインワン化粧品の一種であり、今現在はクリームタイプや美容液タイプもあるということですね。

なので、ジェルが苦手な人は別のテクスチャーを選ぶのもおすすめです。

近年のオールインワンジェルは美容効果が大きなものが多い

一昔前のオールインワンジェルは単純な時短アイテムに過ぎなかったのですが、最近のオールインワンジェルは美容効果が大きなものが次々と発売されています。

美白効果が高い医薬部外品のアイテムやしわやたるみのエイジングケアに特化したアイテムなどもあります。

さらには、話題の成分であるヒト幹細胞や卵殻膜など美容効果が極めて高い成分が入っている美容液のようなアイテムも出ています。

今はオールインワンはただの時短ではなくなってきているということが言えますね。

オールインワンジェルのメリット

オールインワンジェルにはいろいろなメリットがあります。

ここでは、そのようなメリットについて触れていきましょう。

スキンケアが一度で終わるので時短になる

まず、よく言われるメリットが時短です。

スキンケアが一度で終わるのは特に朝はラクチンですよね。

コスパが良い

仮にお気に入りのオールインワンジェルが見つかったとしたら、それ一本で済むので別々に化粧水やクリームを使うより安く済むことが多いです。

一本で済む=コスパが良いということですね。

お財布に優しいのも嬉しいメリットだと言えますね。

さまざまな化粧品を重ねないので肌への摩擦が少ない

見落としされがちな大きなメリットが「肌への摩擦が少ないこと」です。

従来のスキンケアでは、化粧水をつけた後に美容液、クリームとたくさんの化粧品を重ね付けします。

それにより、少なからず肌へ摩擦が生じますし刺激になるんですね。

そうなることで、シミやしわなどの遠因にもなってしまいます。

その点、オールインワンタイプの化粧品だと一度つけるだけなので肌への摩擦が少なくて済みます。

敏感肌の人やシミやしわなどで悩んでいる人にはオールインワンタイプの化粧品で摩擦を減らすのもおすすめの選択肢になります。

美容効果が高いアイテムが次々と販売されている

今現在のオールインワンジェルは本当に種類が豊富になりました。

一本でUVカットからクリームまでの効果がある紫外線対策に特化したアイテムもあれば、オールインワンファンデーションのような効果があるアイテムもあります。

さらには、ビタミンC誘導体やプラセンタ、セラミドなど美容効果が高い成分がたくさん入った高機能なアイテムも続々と販売されています。

このようなところから、オールインワンジェルがただの時短アイテムとは言えずに高級美容液や高級クリーム並の効果が期待できるようになっているわけですね。

オールインワンジェルのデメリット

続いてはオールインワンジェルのデメリットも見ていきましょう。

細かな保湿感の調整が難しい

まず、オールインワンという特性から自分の肌質に合わせた細かな調整が難しいという点があげられます。

重ね付けだと乾燥しがちな人はクリームを多めにしたり、保水力が物足りない場合は化粧水を多めにしたり調整ができます。

一方でオールインワンタイプだと、保湿感がそのアイテムに依存するので好みの状態にするのが難しい場合があります。

アイテム選びが難しい

先ほどのデメリットと合わせて言える欠点になるのですが、アイテム選びが難しいというのも大きな欠点です。

オールインワンジェルは色々なアイテムが一つになっているという点で、うるおい感重視なのか浸透力重視なのか、保湿重視なのか美白重視なのかで本当にテクスチャーや効果などさまざまです。

さらには種類が豊富にあるのでその中から自分にあうものを見つけるのは難しいんですね。

そういう点でアイテム選びが難しいのも欠点になると言えます。

べたつくものやモロモロが出るものもある

こちらは最近のオールインワンだと少なくなってきたのですが、一昔のオールインワンジェルに多い欠点です。

それが糊が肌につくようにペタッとしてべたついたり、それに伴って朝に使うと消しゴムのカスのようなモロモロがたくさん出たりします。

今現在は、べたつかなくて全くモロモロが出ないオールインワンも増えてきていますが、欠点としては抑えておく方が良いかもしれません。

まとめ

この記事ではオールインワンジェルとは何か、メリットとデメリットについて見ていきました。

オールインワンジェルは確かにいくつかの欠点もあります。

ですがそれに対して余りあるほどメリットが多いアイテムになっています。

特に、近年のオールインワンジェルについてはうるおいも保湿感も良くてべたつかずにモロモロも出ないような優秀なアイテムがたくさん発売されています。

アイテム選びが難しいですが間違えなければ本当に良いアイテムなのは間違いないのでぜひ、この記事を参考にオールインワンジェルを探してみてくださいね。


オールインワンジェルで美白効果を出す秘訣とは?おすすめアイテムも紹介

オールインワンジェルは一つで化粧水、美容液、乳液やクリームなどの効果を兼ね備えた便利アイテムです。

そんなオールインワンジェルでも最近は美白化粧品もたくさん販売されています。

ですが、「本当に美白効果があるのか分からない」と気になりますよね。

そこで、この記事ではオールインワンジェルの美白効果について解説したいと思います。

オールインワンジェルで美白効果を期待するには有効成分をチェックしよう

オールインワンジェルで美白効果を期待するには成分が大事です。

特にチェックしたいのが「美白有効成分が入っているか」です。

有効成分というのは厚生労働省から認可を受けた特別な成分の事です。

その成分が入っているだけだとダメで一定の分量配合されていることで「効果効能が認められる」有効成分になり、医薬部外品として承認されます。

なので、美白有効成分の有無を見ることが美白化粧品選びでは大事なんですね。

オールインワンジェルでよく使われる美白有効成分

では、具体的にどういう成分が美白有効成分で使われるのでしょうか。

順番に見ていきましょう。

プラセンタエキス

まずはプラセンタエキスはオールインワンジェルで一番目にする美白有効成分ですね。

美白有効成分のプラセンタは豚の胎盤のことです。

胎盤は赤ちゃんが子供を育てる器官なので栄養がたくさん含まれる上に、成長因子という物質が入っていることで細胞に働きかけてくれるんです。

そのため、非常に大きな肌への効果が期待できます。

シミの予防や排出効果が期待できるほか、肌のハリ弾力アップなどにもおすすめの成分です。

アルブチン

アルブチンはハイドロキノン誘導体とも呼ばれる成分です。

シミの原因になるメラニンが生成されるのを防ぐ効果があります。

チロシナーゼという物質が活性するのを防ぐことでメラニンが出来る前の段階で予防してしまう効果があります。

ですので、シミ予防効果が高いのが特徴です。

肝斑などにも効果が高い成分になっています。

トラネキサム酸

トラネキサム酸も美白有効成分として使われます。

シミが出来る際の情報伝達物質を遮断してしまう効果があるのでメラニンが出来る超初期の段階でシミが出来るのを防いでしまいます。

こちらも美白効果が高いですね。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体にはいろいろな種類がありそれぞれで微妙に効果が違います。

ただ、ビタミンC誘導体にはメラニン還元の効果もあるので、既にできたシミの排出効果も期待できます。

しわ対策や毛穴対策にもおすすめの成分なので効果が高いのが嬉しい成分ですね。

有効成分以外にも美白効果が大きな成分はたくさんある

ここまで代表的な美白有効成分について紹介してきました。

ただ、実は美白有効成分以外にもシミへの効果が高い成分はたくさんあります。

有効成分として認可を受けるにはかなりの年月が必要なのもあって、美白効果が高くても有効成分になっていないような成分も今現在かなり多いんですね。

ただ、特に肌のターンオーバーを促進してくれるような成分はシミ排出効果が期待できるのでチェックするのがおすすめです。

例えば、ヒト幹細胞やEGFなどのペプチド類、リンゴ幹細胞などはシミ排出効果も高い成分になっています。

それ以外にも、ピーリング成分などはくすみ対策になりますし、美白効果がある成分はとても多いんですね。

もちろん、有効成分のように一定量以上配合されているかどうかわからないのでほんの少ししか入っていない場合もあります。

なので、美白オールインワンを選ぶ際にはまずは有効成分をチェックした上でその他の成分もプラスαで見るようにしてみてください。

美白オールインワンジェルのおすすめアイテム

美白オールインワンジェルにはいろいろなアイテムがあります。

おすすめを見ていきましょう。

ローヤルゼリーもっちりジェルホワイト

 

基本情報

値段 初回1,980円、2回目以降4,050円
分量 75g
機能 化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地
販売元 株式会社オージオ

成分

全成分は以下の通りです。

水溶性プラセンタエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)デカグリセリル液、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、L-アルギニン、N-ステアロイルジヒドロスフィンゴシン、N-ステアロイルフィトスフィンゴシン、アーティチョークエキス、アルリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、アスパラサスリネアリスエキス、アルニカエキス、アロエエキス(2)、イザヨイバラエキス、イソノナン酸イソノニル、エイジツエキス、エクトイン、オウゴンエキス、オトギリソウエキス、オランダカラシエキス、オレイン酸ナトリウム、オレンジ果汁、オレンジ油、カッコンエキス、カムカムエキス、カルボキシビニルポリマー、クチナシエキス、グレープフルーツエキス、クロレラエキス、クワエキス、ゴボウエキス、コメヌカスフィンゴ糖脂質、コラーゲン・トリペプチドF、コンフリーエキス、サボンソウエキス、サンザシエキス、シア脂、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、シャクヤクエキス、ステアロイル乳酸ナトリウム、セイヨウキヅタエキス、セイヨウハッカエキス、セージエキス、タイソウエキス、トウキエキス(1)、ドクダミエキス、トマトエキス、トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、ニーム葉エキス、ハイビスカス花発酵液、ハチミツ、ハマメリスエキス、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、ヒドロキシステアリルフィトスフィンゴシン、ヒメフウロエキス、ビルベリー葉エキス、ビワ葉エキス、フィトスフィンゴシン、ブクリョウエキス、ブドウ葉エキス、プルーン酵素分解物、ベニバナエキス(1)、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸デカグリセリル、ボタンエキス、ポリビニルピロリドン、マロニエエキス、メマツヨイグサ抽出液、モノラウリン酸ポリグリセリル、ユキノシタエキス、ユリエキス、ヨクイニンエキス、ライム果汁、リンゴエキス、レモンエキス、レモン果汁、ローヤルゼリーエキス、加水分解ヒアルロン酸、加水分解ローヤルゼリータンパク液、酵母エキス(3)、水素添加大豆リン脂質、水溶性コラーゲン液(魚起源)、天然ビタミンE、濃グリセリン、米抽出物加水分解液V、藍水抽出液、フェノキシエタノール

美容成分がたっぷり入っていて、美白有効成分としてはプラセンタが入っていますね。

グリチルリチン酸ジカリウムが抗炎症の有効成分として入っているので、美白のほかニキビなどの肌荒れ対策にもおすすめ。

毛穴などの悩みにも良いですし、もっちり保湿感も期待できますよ。

オールインワンジェルの中でも特に効果が高いアイテムだと思います。

メリット

  • 美白ジェルなのに保湿力も高い
  • その名の通りもっちりしていて使用感が良い
  • 保湿感があるけどべたつかない
  • 有効成分以外にも美白効果がある成分がたっぷりでシミへの効果が期待
  • 毛穴ケアにも効果が実感できる
  • ハリツヤなども実感しやすい

デメリット

  • 成分がてんこ盛りなので敏感肌はやや注意が必要かも

まとめ

もっちりジェルホワイトは美白効果が高い上に保湿力もあります。

高保湿な美白オールインワンを求めている人にはおすすめ。

べたつきなどもないのが嬉しいですね。

シミウス

 

基本情報

値段 3,795円
分量 60g
機能 化粧水、乳液、美容液、クリーム、アイクリーム、マッサージ、化粧下地、パック、保湿、美白
販売元 株式会社メビウス製薬

成分

全成分は以下の通りです。

グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス、精製水、1.3-ブチレングリコール、濃グリセリン、プロピレングリコール、1.2-ペンタンジオール、水溶性コラーゲン液、シコンエキス、サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム、アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス、トウキンセンカエキス、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、カリボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体、水酸化カリウム、パラオキシ安息香酸メチル、フェノキシエタノール、エタノール、青1、赤106、香料

シミウスももっちりジェルホワイトと同じで有効成分がグリチルリチン酸ジカリウムとプラセンタエキスになっていますね。

それ以外にも美白効果が期待できる植物エキスなどが入っています。

ただ、パラベンやエタノールに加えて合成着色料が入っているのが気になるポイント。

メリット

  • 美白ジェルとして売れていて実績抜群
  • 美白有効成分以外にも美白効果が期待できる成分が数多く入っている
  • 重いテクスチャでマッサージに適していてじっくり美白効果を味わえる

デメリット

  • 合成着色料やパラベン、エタノールなどやや安全性が気になる
  • マッサージ前提のテクスチャなので重くて浸透が遅め

まとめ

シミウスは実績抜群の美白オールインワンジェルですが、好みが分かれやすいアイテムですね。

重いゲルが好みの場合はおすすめですが軽めのテクスチャーが好みの場合は避けた方が良いかもしれません。

じっくりマッサージしたい人は使ってみるのもおすすめですよ。

オールインワンジェルで美白効果を出す秘訣とおすすめアイテム まとめ

オールインワンジェルは最近は美白効果が高いアイテムが次々と発売されています。

この記事で紹介した美白有効成分が入っているものを選ぶのがまずはおすすめです。

その上で、さらにこだわりたい場合は細胞に働きかけてくれるヒト幹細胞やEGFなどの成分を使うとシミの排出効果なども期待できるかと思います。

ぜひ、参考にしてみてください。


オールインワンジェルおすすめプチプラアイテムとメリットデメリットを解説

オールインワンジェルを使う上で真っ先に検討するのがドラッグストアなどにおいているプチプラコスメですよね。

そこで、この記事ではプチプラのオールインワンジェルでおすすめできるアイテムについて解説します。

その上で、メリットやデメリットも見ていきたいと思います。

おすすめのプチプラオールインワンジェル

ちふれのうるおいジェル

 

基本情報

値段 864円
分量 108g
機能 化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地
販売元 株式会社ちふれ化粧品

成分

全成分は以下の通りです。

グリセリン、BG、トレハロース、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、オウゴン根エキス、トリエチルヘキサノイン、ジフェニルジメチコン、アルギニン、PEG-60水添ヒマシ油、カルボマー、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、メチルパラベン、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、水

保湿成分としてトレハロースやヒアルロン酸などが入っていてその他植物エキスとしてオウゴン根エキスなども入っています。

ただ、他のオールインワンジェルに比べると美容成分が少なくて美容液としての効果はそこまで期待できないかと思います。

メリット

  • 値段が864円ととにかく安い
  • 6役と機能性が多い
  • 化粧下地が入っているので朝が楽
  • 安心のちふれブランド
  • 最低限の成分なので肌休めになる

デメリット

  • 使用感がべたつく
  • 朝に使うと消しゴムのカスのようなモロモロが出やすい
  • 保湿力が物足りない
  • 浸透力がイマイチ
  • 良くも悪くも最低限の効果しかない

まとめ

ちふれのうるおいジェルはオールインワンジェルとしては最も安い部類のアイテムです。

これ一つで6役の機能があって保湿が完了する上に成分も最低限なので敏感肌などで肌休めをしたい人には向いているかもしれません。

ただ、美容液的な効果はほとんどないと言ってよく、ただの時短アイテム以上の効果は期待できません。

また、べたつく上に保湿力も高くなくて乾燥肌などの場合は肌の内側のうるおいが足りなくなる可能性が高いと思います。

安い分、値段相応の効果しかないかなというのが率直な感想です。

豆乳イソフラボンとろんと濃ジェル

 

基本情報

値段 1,080円
分量 100g
機能 化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、化粧下地
販売元 常盤薬品工業株式会社

成分

全成分は以下の通りです。

水、 DPG、 グリセリン、 エチルヘキサン酸セチル、 ペンチレングリコール、 豆乳発酵液、 ダイズ種子エキス、 ダイズタンパク、 (PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、 (アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、 BG、 PEG-60水添ヒマシ油、 エタノール、 ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、 ステアロイルグルタミン酸Na、 トコフェロール、 トリエチルヘキサノイン、 トレハロース、 ベヘニルアルコール、 ペンテト酸5Na、 水酸化Na、 フェノキシエタノール

豆乳イソフラボンとろんと濃ジェルには豆乳発酵液やダイズ種子エキスなどの豆乳成分が入っています。

この成分は肌へのうるおいを与えてくれる上に女性ホルモンのような働きをして様々な美肌効果が期待できます。

特にコラーゲンの生成を促すことでハリを出す効果が期待できるのでプチプラとしては嬉しい成分だと言えますね。

ただ、全体として見たら保湿力はイマイチなのとスペシャルケア効果が大きいわけではないので期待しすぎは禁物かなという感じです。

メリット

  • 値段が1,080円と安い
  • 6役と機能性が多い
  • 化粧下地が入っているので朝が楽
  • 常盤薬品のブランド力
  • 豆乳成分による美肌効果が期待できる

デメリット

  • 保湿力が物足りない
  • スペシャルケア効果が高いわけではない
  • 浸透力がイマイチ
  • まれに肌に合わない人がいる

まとめ

豆乳イソフラボンとろんと濃ジェルは軽めのテクスチャーのゆるいジェルで保湿力はそこまで高いわけではありません。

ただ、べたつかずモロモロも出ないので使用感は良いです。

また、豆乳イソフラボンによる美肌効果が期待できるのでコスパは悪くないと思います。

特別良いオールインワンではないもののプチプラとしてはアリだと思いますね。

アクアレーベルスペシャルジェルクリームモイスト(赤)

 

基本情報

値段 1,944円
分量 90g
機能 化粧水、美容液、乳液、クリーム、マスク
販売元 株式会社資生堂

成分

全成分は以下の通りです。

水,グリセリン,BG,DPG,ジメチコン,(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー,塩化Na,ジェランガム,グルタミン酸,サッカロミセス培養溶解質液,アスパラギン酸,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,リシンHCl,アセチルヒアルロン酸Na,ヒアルロン酸Na,ベタイン,メチオニン,ダイズ種子エキス,水溶性コラーゲン,(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー,クエン酸Na,メタリン酸Na,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー,水酸化K,クエン酸,シリカ,ピロ亜硫酸Na,アラニン,BHT,フェノキシエタノール,メチルパラベン,エチルパラベン,香料

アクアレーベル赤にはヒアルロン酸やアミノ酸、コラーゲンなど保湿成分がたくさん入っていますね。

その中でも嬉しいのはサッカロミセスでこちらはSK-2などにも入っている酵母エキスのことでうるおいがある上に毛穴ケア効果や肌の透明感アップなども期待できます。

2,000円近い値段がするのもあって保湿力があって中々優れた成分が入っていると言えますね。

ただ、パラベンが防腐剤として使われているのはやや気になります。

こちらは滅多に刺激が出ないですが、近年はあまり使われない成分なのでできればないほうが嬉しかったですね。

メリット

  • 保湿力が高い
  • SK-2にも入っている酵母エキス配合で毛穴や透明感アップの効果が期待できる
  • 資生堂ブランドで安心
  • 2,000円未満で90gとコスパが良い

デメリット

  • ややベタつく
  • パラベン配合で安全性が少し気になる
  • もう少し高い値段を出せばより美容効果が高いジェルが買える

まとめ

アクアレーベルの赤も定番のオールインワンジェルですね。

資生堂ブランドであり保湿力もあって酵母エキスが入っているのが嬉しいです。

ただ、値段がおよそ2,000円なのでもう少し頑張ればもっと美容効果が高いアイテムが買えるので微妙な値段かなというのはあります。

また、パラベン配合なのも個人的には気になりました。

プチプラオールインワンジェルの欠点とは

ここまで3つのプチプラオールインワンジェルを紹介しましたが、プチプラにはプチプラなりの理由があります。

それは、「感動するほどのアイテムはない」ということです。

特にオールインワンジェルでのプチプラのアイテムは時短で安く済ませたい人向けに作られていることが多いので、美容液の効果が高いわけではありません。

その点を踏まえて使うのが大事になります。

美容液効果を期待する場合はもう少し高額なものもおすすめ

もし、オールインワンジェルで美白やエイジングケア、毛穴ケアなど本格的な美容液の効果を期待するのでしたら2,000円以上するアイテムを使うのもおすすめです。

意外と少しだけ値段を高くするだけで幹細胞やセラミド、ビタミンC誘導体など美容効果が高い成分配合のアイテムが増えてきます。

一見すると高く見えるかもしれませんが、オールインワンという時点で「化粧水や乳液を揃えるのに比べるよりは安い」のでコスパが意外と良いんですね。

ですので、私個人的には美容液効果が高いオールインワンを選ぶのがおすすめです。

プチプラのおすすめオールインワンジェルについて まとめ

この記事ではプチプラのおすすめオールインワンジェルを紹介しました。

「時短が出来ればOKで美容効果を期待しない」という場合はプチプラのオールインワンジェルでも十分だと思います。

ただ、もし美白や毛穴ケアなどをしたい場合はもう少しだけ値段が高いものを使うことでグンと美容効果が良いアイテムが増えてきます。

一見すると高く見えても基礎化粧品を揃えるのに比べると安く済むのでぜひ、お気に入りのアイテムを探してみてくださいね。


20代におすすめのオールインワンジェルの成分やアイテムとは

時短アイテムとして便利なのがオールインワンジェルです。

ただ、一言でオールインワンジェルと言っても本当に種類がたくさんあってどれが良いのか分からないですよね。

この記事ではその中でも20代におすすめのオールインワンジェルを紹介したいと思います。

20代でもただの時短より美肌効果があるオールインワンジェルがおすすめ

オールインワンジェルと聞くと「時短、お手軽、簡単」というイメージがあるかと思います。

特に肌の悩みがない20代の若い人ほどお泊りの際の時短アイテムなどでオールインワンジェルを使っている人が多いかもしれません。

ですが、20代のスキンケアで30代以降の老化が決まってきます。

さらには20代の肌悩みで多い、毛穴や肌荒れ、ニキビなどの悩みもオールインワン選びをしっかりすることで「時短しながら悩み対策になる」のです。

その点でも20代こそ美肌効果があるオールインワンジェルを選ぶのがおすすめです。

超プチプラだとさすがに美肌効果が期待できませんが、+1000円くらいでも驚くほど成分が良いアイテムを使えるので、美肌効果でオールインワンを選んでみてください。

20代におすすめのオールインワンジェルの成分

ここでは20代の若い人が摂り入れたいオールインワンジェルの成分を見ていきたいと思います。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウム(グリチルリチン酸2K)はカンゾウ由来の成分で肌荒れの有効成分としても使われる成分です。

ニキビや肌荒れの炎症に対してとても効果が高い上に、アレルギーにも良い成分なので肌が弱い人にもおすすめの成分です。

特にニキビや肌荒れの炎症が気になる人は取り入れて損がない成分ですよ。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は定番の美肌成分ですが肌の内側のうるおいを満たしてくれる上に収れん効果があるので毛穴引き締めにも良いです。

肌にうるおいが欲しい人はぜひ取り入れたい成分です。

セラミド

セラミドは肌にも存在する物質で肌のバリア機能を維持しています。

こちらが足りないと肌が揺らぎやすくなり敏感肌になりやすくなったり、肌がカサつきやすくなったりします。

セラミドは年齢と共に減ってしまうので早いうちから化粧品で補いたい成分ですね。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体と一言で言ってもさまざまな種類があります。

このビタミンC誘導体は美白効果がよく知られていますが、毛穴の引き締めにも優れた効果が期待できます。

くすみ対策にも良いので幅広い美肌効果があって若いうちから取り入れておきたいですね。

乳酸やリンゴ酸などのピーリング成分

特に皮脂で悩んでいる人には乳酸やリンゴ酸など肌への刺激がそこまで強くないピーリング成分を使うのがおすすめです。

皮脂や角栓などがケアできることによって毛穴対策効果が期待できますよ。

20代におすすめのオールインワンジェル

ここでは20代におすすめできるオールインワンジェルを見ていきましょう。

メディプラスゲル

 

基本情報

値段 初回2,996円、2回目以降3,996円
分量 180g(2か月分)
機能 化粧水、乳液、美容液、クリーム
販売元 株式会社メディプラス

成分

全成分は以下の通りです。

水、グリセリン、BG、ベタイン、ジグリセリン、温泉水、1,2-ヘキサンジオール、メチルグルセス-10、セラミドNG、セラミドAP、セラミドAG、セラミドNP、セラミドEOP、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、3-O-エチルアスコルビン酸、クコ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、レモングラス葉/茎エキス、オウゴン根エキス、ノイバラ果実エキス、ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、クズ根エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、アケビエキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解シルク、加水分解エラスチン、ユズ種子エキス、ナンバンクサフジ種子エキス、α-グルカンオリゴサッカリド、グリシン、タウリン、リシンHCl、アラニン、ヒスチジンHCl、アルギニン、セリン、プロリン、グルタミン酸、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、アボカド油、スクワラン、グリコシルトレハロース、DPG、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、アルカリゲネス産生多糖体、PCA-Na、プロパンジオール、ペンチレングリコール、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、カルボマー、フィトスフィンゴシン、水添レシチン、フィトステロールズ、水酸化K、水酸化Na、トコフェロール

メディプラスゲルは本当にたくさんの成分が入っていますね。

セラミドがいくつも入っている上にグリチルリチン酸ジカリウムやアラントインなどの肌荒れに効果が高い成分も入っています。

また、皮脂を抑えてくれる成分も入っていますし、VCエチルといったビタミンC誘導体も入っているので毛穴ケア効果も期待できます。

値段を考えるとかなりコスパが良いアイテムだと言えますね。

メリット

  • 1か月あたりだと2,000円未満なのに美肌成分がたっぷり
  • 毛穴ケア効果が期待できる
  • 肌荒れへの効果が期待できる
  • 敏感肌の人にもおすすめ

デメリット

  • 植物成分が多いので念のためパッチテストをするのが無難かも

まとめ

メディプラスゲルは定番ながらいろいろな成分が入っていて美肌効果も期待できるおすすめのオールインワンジェルです。

値段も一か月あたりで見るとかなりコスパが良いのが嬉しいですね。

セザンヌうるおいオールインワンジェル

 

基本情報

値段 880円
分量 100g
機能 化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・うるおい下地
販売元 株式会社セザンヌ化粧品

成分

全成分は以下の通りです。

水、グリセリン、ペンチレングリコール、BG、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、ジグリセリン、ヒアルロン酸Na、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、カミツレ花エキス、センチフォリアバラ花エキス、アロエベラ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ハトムギ種子エキス、セラミドNP、セラミドAP、セラミドEOP、トレハロース、ポリクオタニウム-61、PCA-Na、アルギニン、アスパラギン酸、PCA、グリシン、アラニン、セリン、バリン、プロリン、トレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、フェニルアラニン、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、(アクリロイルジメチルタウリンアンモニウム/VP)コポリマー、グリチルリチン酸2K、乳酸Na、フィトスフィンゴシン、コレステロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、トリエチルヘキサノイン、イソステアリン酸PEG-30グリセリル、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2、PEG-10ジメチコン、ジメチコン、塩化K、トコフェロール、ラウロイルラクチレートNa、カルボマー、キサンタンガム、フェノキシエタノール

1,000円未満のオールインワンジェルながら美肌成分がたっぷり入っています。

ヒト型セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分に加えてグリチルリチン酸ジカリウムも入っているので保湿をしながら肌荒れ対策ができますね。

また、毛穴にも良い成分が入っているので毛穴ケアにもおすすめ。

特別感はないですが、値段を考えると優秀なアイテムです。

メリット

  • 100gで880円とコスパが非常に良い
  • ヒト型セラミドが入っていて保湿力が高い
  • グリチルリチン酸ジカリウム配合で肌荒れ対策にもおすすめ

デメリット

  • 特別感はあまりない
  • めちゃくちゃ保湿力が高いわけではない

まとめ

うるおいオールインワンジェルは値段を考えるとかなり優秀な成分です。

ちふれなどを使うのでしたら個人的にはこちらのほうがおすすめできますね。

油分などはそこまで入っていないのであくまで若い人向けのオールインワンジェルかなと思います。

20代におすすめのオールインワンジェルの成分やアイテム まとめ

今回は20代におすすめのオールインワンジェルの成分やアイテムについてまとめました。

20代は肌荒れや毛穴、ニキビなどで悩みがちなのでこの記事で紹介したような成分が入っているアイテムを探してみるとおすすめです。

基本的には高額なもののほうが品質が高い場合が多いのですが、安くて良いものも最近はたくさん販売されています。

意外と少しだけ予算を増やすだけでもかなり選択肢が広がります。

ぜひ、色々なアイテムを探してみてくださいね。


30代におすすめのオールインワンジェルの特徴とは?成分や商品を紹介

30代の女性にとってオールインワンジェルはとても便利なアイテムです。

小さな子供がいることが多くて家庭に仕事に忙しい年代なので時短アイテムとして使っている人も多いと思います。

ただ、同時にこの年代になってくると気になるのがシミやしわなど年齢に伴う悩みです。

20代まではどちらかというと毛穴やニキビケアなどがメインだった人でも30代になると急にしわなどが気になる場合も多いんですね。

ましてや肌のお手入れが疎かになりがちな年代ですから、この年代の女性こそしっかりとしたスキンケアが大事です。

そこで、この記事では30代女性におすすめのオールインワンジェルの選び方や成分など解説していきたいと思います。

30代の女性こそスペシャルケア効果があるオールインワンジェルがおすすめな理由

オールインワンジェルは一昔前のものは本当にべたついて使用感が悪く、ただ時短するだけのアイテムというものが多かった印象です。

ですが、最近のオールインワン化粧品はスペシャルケア効果が高い上に使用感が良いものが増えてきました。

しかも、オールインワンジェルにはメリットがあって、「肌に触れる回数が少ない」んですね。

ですので、シミやしわなどがある場合でも肌への摩擦が最小限で済みます。

ですので、30代の女性こそスペシャルケア効果があるオールインワンジェルを摂り入れるのがおすすめです。

30代の女性が取り入れたいオールインワンジェルの成分とは

30代になってくると美白やエイジングなどの悩みが出てきます。

そういう悩みを踏まえてスペシャルケア効果が期待できる成分を選びたいですね。

ここでは具体的な成分を見ていきましょう。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体はおすすめの成分の一つです。

アスコルビルグルコシドやVC-IP、VCエチル、APPSなど色々な種類があり、それぞれ微妙に効果が違います。

ただ、どれも美白効果が高くシミ対策におすすめです。

美白有効成分として認可を受けている成分も多いですね。

その他、毛穴ケア効果が高く肌のくすみ対策にもおすすめですし、しわ対策にもなるので本当に幅広い美肌効果がある嬉しい成分です。

プラセンタエキス

プラセンタエキスも幅広い効果が期待できる成分です。

豚プラセンタが美白有効成分として認可がおりているように、シミ対策への効果も期待できます。

それに加えて成長因子が入っているので肌のコラーゲンやエラスチンなどの生成を助けてくれてハリ弾力アップの効果も期待できます。

ぜひ取り入れたい成分ですね。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は美白有効成分に使われるほか、抗炎症効果も高い成分です。

シミが出来る際の超初期で情報伝達物質を阻害してしまうのでシミ予防効果がとても大きい成分になっています。

また、30代くらいから出始める肝斑にも効果が高いとされているおすすめの成分です。

酵母エキス

酵母エキスはサッカロミセスなどとも呼ばれる成分でSK-2などにも入っています。

肌への保湿力がある上にハリツヤをアップさせてくれます。

毛穴ケアにもおすすめです。

30代女性におすすめのオールインワンジェル

キレイデボーテプラセンタジュレ

 

基本情報

値段 初回2,980円、2回目以降3,980円
分量 150g(2か月分)
機能 化粧水・乳液・美容液・クリーム・マッサージクリーム・パック・化粧下地
販売元 株式会社ウエルネス・ラボ

成分

全成分は以下の通りです。

水、グリセリン、BG、ベタイン、ハチミツ、メドウフォーム油、プラセンタエキス(ウマ)、馬油、サイタイエキス(ウマ)、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ユズ果皮エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、モモ葉エキス、ビワ葉エキス、クコ果皮エキス、ラフィノース、キサンタンガム、ローカストビーンガム、グアーガム、カラヤガム、アラビアゴム、水添レシチン、1,2-ヘキサンジオール、フェタノキシエタノール

キレイデボーテが嬉しいのは値段がそこまで高くないのにウマプラセンタが入っているという点です。

プラセンタの中でもウマプラセンタはアミノ酸含有量が多いのでその分肌への効果が高いと言われています。

しわやシミなど幅広い美肌対策ができる嬉しいアイテムだと言えますね。

メリット

  • 1か月あたりだと2,000円未満でウマプラセンタが使える
  • シミやしわ対策など幅広い悩みへ効果が期待できる
  • 保湿力も浸透力も高い

デメリット

  • まれに肌に合わない人がいる

まとめ

一か月に月2,000円未満でウマプラセンタが使えるのは嬉しいアイテムだと言えます。

プラセンタはたまに肌に合わない人がいるので使う際は念のためパッチテストをするのがおすすめですよ。

黒糖精プレミアムパーフェクトジェルクリーム

 

基本情報

値段 1,827円
分量 100g
機能 化粧水、乳液、美容液、クリーム、美容オイル、パック、マッサージ
販売元 株式会社コーセー

成分

全成分は以下の通りです。

水・サッカロミセス培養液・BG・グリセリン・エチルヘキサン酸セチル・エタノール・水添レシチン・ヘキサ(ヒドロキシステアリン酸/ステアリン酸/ロジン酸)ジペンタエリスリチル・アセチルヒアルロン酸Na・コメヌカエキス・コメ胚芽油・サフラワー油・シソ種子油・チャ種子油・トコフェロール・ハトムギ油・パンテノール・EDTA-2Na・PEG-400・PVP・(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー・カラギーナン・カルボマー・カンテン・コレステロール・ジメチコン・マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル・水酸化Na・フェノキシエタノール・香料・酸化鉄

黒糖精で嬉しいのは酵母エキスのサッカロミセス培養液が成分のかなり前半に表示されているという点ですね。

肌にハリツヤを与えてくれる嬉しい成分で実際もっちりうるおいが感じられるオールインワンになっています。

エタノール(アルコール)が入っているのがやや気になりますが欠点はそれくらいでしょうか。

市販品の中ではかなり良いオールインワンになると思います。

メリット

  • ドラッグストアで購入でき値段も2,000円未満とお手頃
  • 酵母エキスの効果で肌にハリツヤが出る
  • 保湿力がありうるおいが感じられる
  • 安心のコーセーブランド

デメリット

  • アルコールが入っているので肌が弱い人は注意が必要
  • あくまでも日常のケア用で特別な悩みがある場合は不向き

まとめ

しわやシミなど特別な悩み対策の効果はそこまでではないですが、酵母エキスが入っていて日頃のスキンケアをしながら全体的な美肌対策が出来るアイテムです。

市販品でコーセーブランドなのも安心ですね。

個人的には雪肌精より黒糖精のほうが好みですね。

30代におすすめのオールインワンジェルの成分やアイテム まとめ

この記事では30代におすすめのオールインワンジェルの成分やアイテムを解説しました。

30代はしわやシミなどの悩みが表面化し始める時期になります。

悩みが強くなくても少しでも美肌効果があるアイテムを使っておくことで40代以降の肌の状態は大きく変わってきます。

オールインワンタイプの化粧品で肌への摩擦を減らしながらもしっかり対策をしていくのはおすすめですよ。

ぜひ参考にしてくださいね。